ミレニアム 5 上: 復讐の炎を吐く女 (ハヤカワ・ミステリ文庫 ラ 19-3)

3.81
  • (8)
  • (31)
  • (17)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 244
レビュー : 12
ぽっぽさん 小説(海外)   読み終わった 

刑務所に収容されているリスベット。
ある日、後見人であったホルゲルが面会に来る。
その際に小さな気づきを得、調べものを始めるリスベット。
そんな中、収容所内で実権を握る囚人、ベニートとの対決が近づいていた。

*****

そっか、リスベットは懲役中だったか。
前作を思い出しつつ、読み進める。

4部から執筆される方は変わったとはいえ、リスベットは世間一般的な定義とはずれるかもしれないけれど、正義感が強いところはあったな。
弱き者を助ける、というよりは弱き者をいたぶる奴が許せないからぶちのめす、な流れな気はするものの。

リスベットの過去の秘密に関わる人々も動き出し、刑務所の中でも外でもリスベットは戦う。

今回は読んでいて、ショックな展開が。
好きだったのに…。
けっこうショックだった。

レビュー投稿日
2019年5月15日
読了日
2019年5月13日
本棚登録日
2019年4月12日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『ミレニアム 5 上: 復讐の炎を吐く女 ...』のレビューをもっとみる

『ミレニアム 5 上: 復讐の炎を吐く女 (ハヤカワ・ミステリ文庫 ラ 19-3)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『ミレニアム 5 上: 復讐の炎を吐く女 (ハヤカワ・ミステリ文庫 ラ 19-3)』にぽっぽさんがつけたタグ

ツイートする