斜めから見る―大衆文化を通してラカン理論へ

3.58
  • (6)
  • (6)
  • (19)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 154
レビュー : 12
制作 : Slavoj Zizek  鈴木 晶 
かさのしたさん  未設定  読み終わった 

理解できていないところも多いけれど、今まで思いもしなかったような観点に気づかされて面白かった。というより、なんだかよくわからないけれど知的好奇心をくすぐられるという不思議な感覚。
ぼくは文学はあまり好みではないのだけれど、文学的詩的表現の長所っていうのはこういうことなのかな。象徴界に統合できないことをなんとか取り込もうと努力するみたいな。でもやっぱりよくわからないから、もう少し知識つけて理性的な理解の仕方をしたいかなと。そういうのが症候なのかな、ぐるぐる周りを回ってるのかな。なんか違う気がする。

レビュー投稿日
2012年3月23日
読了日
2012年3月23日
本棚登録日
2012年2月15日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『斜めから見る―大衆文化を通してラカン理論...』のレビューをもっとみる

『斜めから見る―大衆文化を通してラカン理論へ』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする