人を動かす 新装版

4.25
  • (2331)
  • (1082)
  • (1036)
  • (60)
  • (15)
本棚登録 : 12856
レビュー : 1424
pppさん  未設定  積読 

1 カーネギーは、存命中、自分の著作に終始たゆまず改訂を加えていた

14 他人のあら探しは、なんの役にも立たない。自分を正当化しようとするだろう。

15 『われわれは他人からの賞賛を強く望んでいる。そして、それと同じ強さで他人からの非難を恐れる。』

32 批判も非難もしない。苦情もいわない。

33 みずから動きたくなる気持ちを起こさせることーこれが、秘訣。

35 リンカーンの書簡に「人間はだれしもお世辞を好む」と書いたのがある

40 現実の世界では満たされない自己の重要感を得るために、狂人になる人が大勢いることは確かだと。

49 「この道は一度しか通らない道。だから、役に立つこと、人のためになることは今すぐやろうー先へ延ばしたり忘れたりしないように。この道は二度と通らない道だから。」

55 「どうすれば、そうしたくなる気持ちを相手に起こさせることができるか?」

82 人間はだれでもみな、自分をほめてくれるものを好くものだ。

91 笑顔を忘れない

101 笑顔を見せない人間は、商人にはなれない。

109 つめたい会社をあたたかくするには、ひとつの方法がある。人の名前を覚えることだ。

113 そして相手に重要感を持たせることだ

128 自分のことだけしか考えない人間は、教養のない人間である。たとえ、どれほど教育を受けても、教養が身につかない人間である。

139 常に相手に重要感を持たせること

144 人はだれでも他人より何らかの点ですぐれていると思っている。

★p163-

レビュー投稿日
2016年12月1日
本棚登録日
2016年12月1日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『人を動かす 新装版』のレビューをもっとみる

『人を動かす 新装版』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする