新装版 銀行総務特命 (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社 (2011年11月15日発売)
3.40
  • (82)
  • (311)
  • (468)
  • (79)
  • (9)
本棚登録 : 2971
感想 : 266
4

読書時間 4時間30分(読書日数 14日)

「半沢直樹シリーズ」でもお馴染みになった筆者の短編集。今春のドラマの原作本のようである。

「総務部特命」という特殊な部署の目からみた、銀行の悪しき体質や人間模様が描かれており、その「不正体質」に対して真っ向から立ち向かっていく「特命」のメンバーの「潔い正義感」によって真実を解明していく痛快な感じが、読んでいて引き込まれる感じだった。

短編だったので読みやすかったりもしたし、オチが結構考えさせられるもの(あえて、ここまでしか書いていない感じ?)になっているのもまた、新鮮な感じだった。

長編にはない魅力があり、「与えられた仕事を全うにこなす大切さ」といった、ビジネスマンとして至極当然なことを改めて考えさせられた。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 小説
感想投稿日 : 2014年4月29日
読了日 : 2014年4月29日
本棚登録日 : 2014年4月29日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする