下町ロケット2 ガウディ計画

4.23
  • (557)
  • (654)
  • (197)
  • (11)
  • (2)
本棚登録 : 3460
レビュー : 508
著者 :
prelude2777さん  未設定  読み終わった 

読書日数 4日

現在ドラマ化されている「下町ロケット」の続編書き下ろし。

帝国重工にロケットエンジンバルブを部品供給することで、ロケットの打ち上げが成功してから後、今度は「心臓の人工弁」の設計に挑戦する。

そんな中でも相変わらず「佃品質、佃プライド」は健在だか、前作との違いは「なんのために仕事をするのか」ということであった。

今回は「医療機器」ということもあり、失敗をしたらせいめいに関わることであるので、そのリスクを負いたくないと考えがちである。

実際、初めは躊躇もしていたのだが「医療の進歩が、人々の幸せやその周りを幸せにしていく」ということに気づかされることで、それに邁進するというのが、読んでいて共感できた。

ライバル会社や医学会の利権がらみに翻弄されながらも、佃製作所の社風が本当に素晴らしく、こういう職場で「真剣勝負することができる」というのも、町工場ならではの醍醐味だと感じた。

この作品は、今後の日本の「ものづくり」を目指そうとする若者が増えるいいきっかけになると思った。

レビュー投稿日
2015年11月21日
読了日
2015年11月21日
本棚登録日
2015年11月21日
3
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『下町ロケット2 ガウディ計画』のレビューをもっとみる

『下町ロケット2 ガウディ計画』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする