きみはポラリス (新潮文庫)

3.30
  • (463)
  • (1085)
  • (1603)
  • (583)
  • (134)
本棚登録 : 13167
レビュー : 1258
著者 :
prelude2777さん 小説   読み終わった 

読書時間 3時間20分(読書日数 10日)

ストーリーテラーとして評判の高い筆者の、様々な男女間の短編恋愛小説集

普通の恋愛だけでなく、同性愛、誘拐犯との恋、犬目線の恋愛など、バラエティに富んだ作品集である。

〈所感〉
表題となった「君はポラリス」という題名の話がなかった。つまり、今回の表題全部を総称してつけられたものだということである。正直、ちょっとわかりにくかった。
だが、短編であっても、その話の展開やオチなんかは変わらず切れてるなぁとおもった。
発想も面白くて「そういう設定でくるの!」みたいな話も多々あった。

ただ、いつもより読むペースが上がってこなかったと言う事は、とっつきにくかったのかなぁと。「木暮荘物語」のようなのを期待してだからかも知れない。

レビュー投稿日
2013年10月8日
読了日
2013年10月8日
本棚登録日
2013年9月29日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『きみはポラリス (新潮文庫)』のレビューをもっとみる

『きみはポラリス (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする