オレたち花のバブル組 (文春文庫)

4.11
  • (1435)
  • (2107)
  • (803)
  • (68)
  • (8)
本棚登録 : 12428
レビュー : 1155
著者 :
prelude2777さん  未設定  読み終わった 

読書時間4時間20分(読書日数13日)

半沢直樹シリーズ第2弾
前作「俺たちバブル入行組」の続編で、東京に戻った主人公が不正を働くものたちとの戦いを見せる中、ホテルの再建に全力で援助する姿が描かれている。

「基本的には性善説。たが、やられたら倍返し。」というこのフレーズは、先日放映が終了したドラマでもお馴染みとなったわけだが、今作では、様々な場面で出てきたなぁとおもった。
でも、それよりも話の展開が面白くて難しいテーマであったにもかかわらず読みやすい感じがして、よかったと思う。
相変わらず読むのが遅いので、戻って読み返したりもしていたが、また続きが読みたくなった。
解説にもでていたが「ロスジェネの逆襲」「銀翼のイカロス」と続くということなので、暫くははまって読んでいこうと思う。

レビュー投稿日
2013年11月13日
読了日
2013年11月13日
本棚登録日
2013年11月13日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『オレたち花のバブル組 (文春文庫)』のレビューをもっとみる

『オレたち花のバブル組 (文春文庫)』のレビューへのコメント

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする