漁港の肉子ちゃん (幻冬舎文庫)

著者 :
  • 幻冬舎 (2014年4月10日発売)
4.04
  • (883)
  • (1078)
  • (551)
  • (83)
  • (20)
本棚登録 : 9438
感想 : 951
4

読書日数 10日

とある漁港で暮らす、とある家族(?)の物語。西加奈子ワールドが、程なく涙を誘う。本当に読み終わって、心があったかくなる。

主人公は「キクりん」という、小学5年生。なんでも客観的に見る、悪く言えば「斜に構える」おませな女の子である。「肉子ちゃん」はこの子のお母さんらしいが、とても抜けていて、アッケラカンとした性格である。漢字を分解して叫ぶとか、いびきがとてつもなく下品だったりとか、勝手に名前を変えて読んだりとか、ほんとうに自由奔放である。そして何より「糞男」に何度も騙されていたとしても、それをなんとも感じず、ひたすら前向きに生きているそんな姿に、キクりんは腹立たしさを覚えたりしている。

漁港の日常が、テンポ良く描かれているのだが、そこでのキクりんの心情は、なんとも切ない。クラスの女子の派閥争いに巻き込まれたり、二宮という男子とのやり取りだったり、そして何より「うをがし」を通じての、漁港の住民とのやりとりを見ていると、キクりんの「望んで生まれてこなかったという劣等感」がにじみ出ている。

だが、クリスマスの日に盲腸になった時に、肉子ちゃんとの関係を語り合い、最後は「家族」というものがなんなのかを改めて思い知らされるのである。

この「肉子ちゃん」の「多大なる無償の愛」を受け続けていたんだと。こういった人は、そういない。そんな人が周りにいたら、自分はどう考えるのだろうか。

笑えるポイントもたくさんあって、本当にいいお話だった。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 未設定
感想投稿日 : 2016年2月8日
読了日 : 2016年2月8日
本棚登録日 : 2016年2月8日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする