ゆんでめて しゃばけシリーズ 9

3.77
  • (131)
  • (296)
  • (236)
  • (20)
  • (4)
本棚登録 : 1824
レビュー : 232
著者 :
ふじっこさん 小説(シリーズもの)   読み終わった 

 しゃばけシリーズの中で一番好きな話(たち)でした。

 意味深な書き出しで、最後には「そうか、それで、弓手馬手なのか」と納得。一話ずつ、どうなるのか、時間が戻っていっているので「もしかして」と思いながら読み進めていたのですが。
 ねねや、かなめとはまた別の出会いがあるのかなあ。
 あってほしいなあ。千里さんのこともなかったことになっているのかな。

 どちらの道へ行ったとしても、というのは考えずにはいられないことなのでした。何度も読みかえしてしまいます。
 
 よかった、と、せつない、が綯い交ぜになるのです。

レビュー投稿日
2012年2月6日
読了日
2012年2月6日
本棚登録日
2012年2月6日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『ゆんでめて しゃばけシリーズ 9』のレビューをもっとみる

『ゆんでめて しゃばけシリーズ 9』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『ゆんでめて しゃばけシリーズ 9』にふじっこさんがつけたタグ

ツイートする