新しいヘーゲル (講談社現代新書)

3.29
  • (13)
  • (21)
  • (56)
  • (9)
  • (4)
本棚登録 : 352
レビュー : 38
著者 :
prigt23さん  未設定  読み終わった 

期待していた「新しい」ヘーゲルがどうも良くわからなかったというか、絶対精神とか弁証法とかのメジャーなところに斬新な批判をしていくように勝手に想像していたのだけど、全体的にヘーゲルを賞賛して終わってしまった感がある。

ただ6章「ヘーゲル以降」はなかなかおもしろく読めた。特にキルケゴールやフロイトを交えて不安という「感情」をキルケゴールがどう取り扱って、ヘーゲル以降はどうなっていくのかについてのくだりはおもしろい。

レビュー投稿日
2018年9月22日
読了日
2018年9月22日
本棚登録日
2018年6月9日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『新しいヘーゲル (講談社現代新書)』のレビューをもっとみる

『新しいヘーゲル (講談社現代新書)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする