若い読者のための第三のチンパンジー (草思社文庫)

3.88
  • (12)
  • (21)
  • (12)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 323
レビュー : 16
prigt23さん  未設定  読み終わった 

ジャレド・ダイアモンドってそんなにいいのか?という疑問を解決すべく手に取った一冊。

内容としてはラディカルな人間否定が中心となっているように見えた。「人類はXXをしてきた」「我々はXXという過ちを繰り返してきた」という原罪をたっぷりと盛り込んだ感じで、この辺りはちょっと面倒くさいというか、なんだか「生きててスミマセン」みたいな印象をもたらす。なんか他に書き方なかったのか?と思う。

この自己否定感というか「全人類の自虐ネタ」の部分を除いてしまえば、内容としては進化生物学の本としてはダントツに読みやすく内容も濃い。

レビュー投稿日
2018年6月11日
読了日
2018年6月11日
本棚登録日
2018年6月8日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『若い読者のための第三のチンパンジー (草...』のレビューをもっとみる

『若い読者のための第三のチンパンジー (草思社文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする