ベルリン飛行指令 (新潮文庫)

3.94
  • (67)
  • (96)
  • (61)
  • (7)
  • (2)
本棚登録 : 538
レビュー : 72
著者 :
ひつじさん 歴史小説   読み終わった 

「エトロフ」を読みたいがために手にとったのが申し訳なくなるほど、おもしろい小説だった。冒頭の謎から一気に物語の世界に引きずりこまれる。この時代設定で現代の我々が魅力を感じる人物像を作るには、どうしても国策に思うところがあるということになる。ほとんどの登場人物がそういう立場をとっているのは少し現実味がないかなと思う。ただ第二次世界大戦の日本やドイツというと、どうしても負のイメージがつきまとうけれど、どういう状況におかれようと国家と個人は別物で、ゆれない強い人たちもいたのだろうとあらためて思わされる。

レビュー投稿日
2017年6月11日
読了日
2014年7月30日
本棚登録日
2017年6月11日
3
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『ベルリン飛行指令 (新潮文庫)』のレビューをもっとみる

『ベルリン飛行指令 (新潮文庫)』にひつじさんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする