天と地と 下 (文春文庫)

  • 文藝春秋 (2004年3月12日発売)
3.78
  • (30)
  • (47)
  • (56)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 364
感想 : 30

クライマックスは川中島で、ぜひこの先の人生も読んでみたいと思わされる作品。私は現実主義なので信玄の気持ちのほうがよくわかるのだけれど、戦国という時代に似あわないほど古い権威と大義を大切にした景虎にファンが多いのもよくわかる。もう少し早く生まれていたほうが、幸せだっただろうか。日本史にあまり明るくないので、戦国ものにももうちょっと挑戦してみたい。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 歴史小説
感想投稿日 : 2017年6月25日
読了日 : 2017年6月25日
本棚登録日 : 2017年5月23日

みんなの感想をみる

ツイートする