ギフト (西のはての年代記 (1))

4.07
  • (44)
  • (43)
  • (33)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 248
レビュー : 44
制作 : 谷垣 暁美 
ひつじさん ファンタジー   読み終わった 

ル・グウィンの語り口が好きだ。存在の手触りのするファンタジーだと思う。暗い印象もあるけれど、女性らしい優しさも感じる。血を通じて伝わるギフトをめぐる、父と子の葛藤はとてもリアルで悲しい。私たちもまた親からギフトを受け取るけれど、もちろんそれが親の期待するとおりとは限らない。

レビュー投稿日
2016年3月25日
読了日
2016年3月25日
本棚登録日
2016年1月27日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『ギフト (西のはての年代記 (1))』のレビューをもっとみる

ツイートする