反脆弱性[下]――不確実な世界を生き延びる唯一の考え方

4.12
  • (35)
  • (16)
  • (19)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 361
レビュー : 23
制作 : 望月 衛  千葉 敏生 
人生を探求する32歳さん 哲学   読み終わった 

人は確率の大小ではなく脆さに基づいて決定を下している。言い換えれば、「正しい」「正しくない」ではなく、脆さに基づいて主に意思決定をしている。

ひと言でいえば犠牲だ。この「犠牲」という単語は「神聖」と関係がある。つまり、俗世とは切り離された聖なる世界に属する行為なのだ。

レビュー投稿日
2018年7月1日
読了日
2018年7月1日
本棚登録日
2018年7月1日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『反脆弱性[下]――不確実な世界を生き延び...』のレビューをもっとみる

『反脆弱性[下]――不確実な世界を生き延びる唯一の考え方』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする