世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド〈上〉 (新潮文庫)

3.84
  • (1954)
  • (1291)
  • (2675)
  • (100)
  • (19)
本棚登録 : 11497
レビュー : 1085
著者 :
michさん ファンタジー/冒険   読み終わった 

夢中で読んでしまった。初めて本で徹夜してしまった思い入れ深い作品。

内容も非常に面白く、メッセージもストレートに伝わってきた。
村上春樹曰く、いい小説とは、読んだ人の心を深く広くさせてくれるとのことだが、この小説は正に「いい小説」であった。しばらくこの小説の雰囲気に圧倒され、五感が支配されるほど。
そう。この小説で一番好きだったのが、言葉で伝わる世界観だった。
なんていうか、早朝みたいなイメージ。ちょっと小雨が降っていても良い。凄い静かで、透明感がある。だけど何か起こりそうな不安と期待を与える静けさ。現実なんだけど、どこからか別の世界に繋がってそうな雰囲気。
あんな風に文書から、その世界感を感じ、溢れ出るほど妄想したのは初めてだった。

レビュー投稿日
2010年7月12日
読了日
2010年7月12日
本棚登録日
2010年7月12日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『世界の終りとハードボイルド・ワンダーラン...』のレビューをもっとみる

『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド〈上〉 (新潮文庫)』のレビューへのコメント

コメントをする場合は、ログインしてください。

『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド〈上〉 (新潮文庫)』にmichさんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする