迷い猫オーバーラン! 4 みんな私が拾います (スーパーダッシュ文庫)

3.58
  • (9)
  • (17)
  • (24)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 311
レビュー : 9
著者 :
psycheNさん 読了   読み終わった 

捨てられた猫だけではなくて、いろんなものを助けてしまう困った乙女姉さんと、その家族(のような子たち)のお話。前巻でお互いの気持ちを確認しあった三人。クリスマスイベントを前に、お互いに計画を進めるがうまくいかず……。
「迷い猫同好会」は、結局「困った人助けよう会」になるのかな?いかにもなライトノベル設定の中でこの作者がちらと見せる、肯定感みたいなものが好きだ。今回は特にそれが表にでてきた。たぶん、乙女姉さんがメインだからだろう。意外なところで意外な能力を発揮する乙女姉さんは日常の謎における探偵役っぽいところもあったりしてあなどれないし、気持ち的にぐっとくる。あと、女の子たちが男子から見た都合のいい女の子っぽくないのが私が好感を持てる理由だろう。

レビュー投稿日
2018年12月27日
読了日
2009年9月24日
本棚登録日
2018年10月12日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『迷い猫オーバーラン! 4 みんな私が拾い...』のレビューをもっとみる

『迷い猫オーバーラン! 4 みんな私が拾います (スーパーダッシュ文庫)』にpsycheNさんがつけたタグ

松智洋の作品一覧

松智洋の作品ランキング・新刊情報

ツイートする