プリンセスハーツ~初恋よ、君に永遠のさよならをの巻~ (ルルル文庫)

4.09
  • (19)
  • (22)
  • (14)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 123
レビュー : 18
著者 :
psycheNさん 読了   読み終わった 

アジェンセン大公夫妻は、実はある契約のもとに協力関係にある仮面夫婦。賭博祭はいよいよ終盤、ジルの元に戻ったルシードはジルをも唖然とさせることをいい放ち、予想外の展開に……。
いやー、賭博祭ばんざい!と言いたくなるような展開でした。すげー!賭博祭!悪魔のように頭の良いジルと、天然だけど人をひきつける能力のあるルシードのそれぞれの力で困難を乗り越えていくシリーズですが、今回はルシードのターン!ラスト近くのいちゃいちゃにももんぜつしました。こ、これ、外で読んでなくてよかった……!(笑)少女小説ではなかなか類を見ない、政治をテーマにした小説ですが、ラブコメも絡めて面白く仕上げています。おすすめです。

レビュー投稿日
2018年12月29日
読了日
2009年8月22日
本棚登録日
2018年10月12日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『プリンセスハーツ~初恋よ、君に永遠のさよ...』のレビューをもっとみる

『プリンセスハーツ~初恋よ、君に永遠のさよならをの巻~ (ルルル文庫)』にpsycheNさんがつけたタグ

ツイートする