近松名作集

著者 :
  • 講談社 (1992年9月11日発売)
3.33
  • (0)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 11
感想 : 1
3

心中…。
当時の人の当然の考え方であったのだろう、と、劇場に劇を観に来て感動して涙を流している人々の姿を容易に想像できる反面、現代の私にはどこか納得できないところもあって、教育・社会通念の不思議に思いをはせました。

収録作品は、
出世景清
冥途の飛脚
博多小女郎波枕
心中天の網島
女殺油地獄

特に、最後の作品は、ただの人殺しなので、ちょっと怖かった…。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 小説
感想投稿日 : 2013年5月4日
読了日 : -
本棚登録日 : 2013年5月4日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする