官僚村生活白書

著者 :
  • 新潮社 (2010年6月1日発売)
3.00
  • (0)
  • (4)
  • (5)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 44
感想 : 10
4

官僚の出世の構造、キャリア官僚内部の格差の構造、官舎内の人間模様など、キャリア官僚を中心にその実態が綴られている。
キャリア官僚という集団内部に視点をおいても、官庁間の格差や、生まれた環境による"セレブ官僚""苦学系官僚"などの分類、もちろんであるがキャリアとノンキャリアの出世の格差など…。
どの世界にも必ず存在するヒエラルキーを感じた。
人がどこに帰属しようが、そこには必ず格差や階層があると思う。
人は一人では生きていけない。
必ず何らかの集団に帰属しなければならない。
ジレンマ…
"折り合い"は、生き永らえるための必須スキルかも。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: ノンフィクション
感想投稿日 : 2017年5月7日
読了日 : 2017年5月13日
本棚登録日 : 2017年5月7日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする