チルドレン (講談社文庫)

3.85
  • (2573)
  • (3637)
  • (3419)
  • (271)
  • (38)
本棚登録 : 25366
レビュー : 2353
著者 :
杜のうさこさん あ行   読み終わった 

続編を読むために再読。

あぁ、思い出しました。陣内のこの感じ!
騒がしくて、ふざけたことばかり言っていて、
からまれている少年を、いきなり殴るなんてありえないでしょ(笑)!
前も「侏儒の言葉」と「トイレの落書き編」を読みたいと思ったんだっけ。
今回も、支店長をハゲと言った犯人(行員?)のその後が妙に気になります。

「かわいそうに…」と通りすがりの人にお金をもらった盲目の永瀬に、
「俺もお金が欲しいのに、お前だけずるい」と、陣内が怒った場面と、
永瀬に「一緒に服を選んで」と声をかける鴨居のエピソードが好きです。
ハンデを背負った人を、かわいそうだと決めつけないこと。
一見無神経に思えるような行動が、優しさにつながることってあるんですよね。

そして、自分なりのルールというか、ぶれない陣内が羨ましいです。
それに振り回される周りの人は、大変なのかもしれないけど…(笑)
どうか陣内は陣内のままでいて下さい。

「人間はな、縛られてたってな、飛ぶことくらいできるんだよ」
この陣内の言葉が大好きです。
最後、くまさんの着ぐるみ姿の陣内が走り去る姿に、
ほっこりとして本を閉じました。

レビュー投稿日
2018年6月6日
読了日
2018年1月31日
本棚登録日
2018年5月28日
14
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『チルドレン (講談社文庫)』のレビューをもっとみる

『チルドレン (講談社文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『チルドレン (講談社文庫)』に杜のうさこさんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする