コンビニ人間

3.61
  • (537)
  • (1279)
  • (1082)
  • (242)
  • (76)
本棚登録 : 9675
レビュー : 1452
著者 :
杜のうさこさん ま行   読み終わった 

著者の作品は二作目。
初めましてだった『しろいろの街の、その骨の体温の 』で大打撃を受けたので、
恐る恐る読み始めたんですが、意外と読みやすかったです。

ただ、中盤からのお風呂場で餌~押し入れになったとき、やや危険信号。
なぜか吸い寄せられ、ページをめくってしまう感覚に、また振り回されそうになりました。

そして、主人公はこのままでいさせてあげればいいのに。
と思う反面、難しいんだろうな…とも。
何が普通で、何がそうじゃないのか、とか、
あちら側とこちら側、自分も知らず知らず区別してはいないだろうか…。とか、
頭の中がぐるぐる。

それでもやっぱり、彼女からコンビニを取り上げて欲しくはないかな。

レビュー投稿日
2016年11月28日
読了日
2016年11月29日
本棚登録日
2016年11月28日
16
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『コンビニ人間』のレビューをもっとみる

『コンビニ人間』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『コンビニ人間』に杜のうさこさんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする