優しい死神の飼い方

3.76
  • (44)
  • (71)
  • (59)
  • (9)
  • (4)
本棚登録 : 424
レビュー : 84
著者 :
杜のうさこさん た行   読み終わった 

泣いた…。ボロボロ泣いた…。
舞台は、ホスピス。
そのうえ地縛霊だ、強盗殺人だ、と怖いことがたくさん。
なのに、これほど温かい涙があふれ、優しい気持ちにさせてもらえるとは…。

ゴールデンレトリーバーの身体に宿らされた、死神(?)である「私」。
名前を「レオ」とつけてもらう。
この世との未練を断ち切り、「我が主様」の元へ送るお手伝いをする役目。

”しゅうくりいむ”
そう聞くだけで、レオくんのしっぽはぶんぶん。
高貴な存在である「私」なのに、
どうしてもワンちゃんの本能がでてしまう。
その仕草と、心の声のギャップがたまらない。
しっぽは嘘をつけないものね。

そして「我が主様」に召された魂のその後を訊ねるレオくん。
その瞬間、しっぽが……あぁ。

「 あ り が と う ま た ね レ オ 」
きっとまた会えるね。

レオくんは教えてくれた。
命あるものすべて、いつかは終わりがくる。
そこから目をそらさず、限りある時を精一杯に生きるんだ。
そして、その時を悔いなく笑って迎えられるようにね。

早速買ってきた”しゅうくりいむ”
いま一度、物語の余韻に浸りながらいただきます。

レビュー投稿日
2016年10月11日
読了日
-
本棚登録日
2016年10月11日
8
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『優しい死神の飼い方』のレビューをもっとみる

『優しい死神の飼い方』のレビューへのコメント

chiru1104さん (2016年11月14日)

うさこさん、コメントありがとうございます!
どちらにお返事コメントしようか迷ったのですが、このレビューを読んで是非私もこの本読みたい!と思ったのでこちらに!
御察しの通りlokokasaです!(でした…笑)
覚えていて下さったんですね^^;
すごい!感激です(*^_^*)
スランプを越えこの度復活させて頂きました。
本棚でうさこさん発見して即フォローさせて頂きました^^;
気負わず気長にまた読書を始めようと思いますので、今後とも宜しくお願い致します(*^^*)
良かった!お話出来て嬉しかったです!

杜のうさこさん (2016年11月15日)

chiru1104さん、こんばんは~♪

やはりそうだったんですね!
アイコンが同じなので、もしかしたら?と思って。
間違いじゃなくて良かった~。
またお会いできて嬉しいです!

もちろん覚えてますよ~。
よく同じ本を同じ頃に!でしたよね。(#^^#)
最近タイムラインでお会いしないなぁと思って遊びに行こうと思ったら、本棚が無くなっていて…。
どうされたのかな?って、心配していました。
そっか、スランプだったんですね…。
私たち本好きにとって、それは本当につらいですよね。

そうですよ。お互いのんびり行きましょう♪
本は逃げないですもん。^^
こちらこそ、よろしくお願いします(*^-^*)

あ、忘れるところでした(笑)。
この本、とても良かったですよ!
またゆっくり読んでみて下さいね~。

chiru1104さん (2016年11月15日)

ある日突然全く読めなくなって…目では文字を追いかけてるんですけど心が全くついてこなくて…でも読みたいんです!でも読めないんです(笑)
今まで何度か何を読んでも面白くない^^;て時期を越えた事はあったんですが、こんなに好きな読書を読みたいのに負担に感じる事って今まであったかな?…しんどくて一度本の全てから離れよう!と思いました。
自然と心が本を欲するまで待とう!と。

ありがとうございます!
はい、のんびりいきます(*^^*)
いつかまたうさこさんと同じ時期に同じ本を読めるくらい復活出来る事を祈って(*^^*)

この本、是非読んでみたいです!
急がず、焦らず(^_^;)

杜のうさこさん (2016年11月16日)

chiruさん、こんばんは~♪

私もchiruさんって呼ばせてくださいね(*^-^*)

あぁ、そういう感じ、わかります。
私の場合は、頭の中が他のことでいっぱいで、文字を追いかけても一行も入って来なくて、
それでも本を読んでいたくて…。
そうしていれば、現実から逃げられるような気がして…。
でも、たとえ頭に入ってこなくても、そばにないと不安で、
これって完全な活字中毒ですよね(笑)

色々ありますよね。
お互い焦らず、ゆっくりと行きたいですね(*^-^*)

コメントをする場合は、ログインしてください。

『優しい死神の飼い方』に杜のうさこさんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする