BAR追分 (ハルキ文庫)

3.63
  • (38)
  • (115)
  • (123)
  • (10)
  • (0)
本棚登録 : 738
レビュー : 141
著者 :
杜のうさこさん あ行   読み終わった 

伊吹有喜さん、はじめましてです。
ずっと読みたかった作家さんでした。

商店街、路地裏、猫ちゃん、銭湯、カフェ、
癒しのアイテムそろい踏みです。
舞台は新宿三丁目、伊勢丹近く「ねこみち横丁」
昼はカフェ、夜はバーになる「バール追分」
主人公・宇藤がホームページ制作を請け負ったことから、
振興会のHPと横丁の管理人をすることになり───。

その管理人の条件が、なんともオイシイのです。
事務所に住み込み、加盟店の優待特典付き。
おまけに「バール追分」のまかないまで付いてきて。

この「バール追分」のカフェメニューがとても気になる。
豚の生姜焼きがおいしそう!
そしてカレーライスのトッピングが~!
カツか、エビフライか、コロッケか、ハンバーグか?
それとも目玉焼きもつけちゃう?悩みます(笑)。

特に心にしみたのは#父の手土産。
長年、ここのサンドウイッチをおみやげにするのが楽しみだった父親が、
もうすぐ嫁ぐ娘を初めて店に連れて来た──。
ハンバーグサンド、エッグサンド…
男手一つで娘を育てた父親の願いがそこにありました。

続編が楽しみです。
猫好きからすると、デビィちゃんがもっと登場してくれると嬉しいんですけどね。

レビュー投稿日
2016年12月8日
読了日
-
本棚登録日
2016年12月8日
15
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『BAR追分 (ハルキ文庫)』のレビューをもっとみる

『BAR追分 (ハルキ文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『BAR追分 (ハルキ文庫)』に杜のうさこさんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする