冷静と情熱のあいだ Rosso (角川文庫)

3.54
  • (1020)
  • (1185)
  • (2696)
  • (240)
  • (74)
本棚登録 : 11111
レビュー : 1149
著者 :
pureさん ラブストーリー   読み終わった 

多分一番多く読み返している本。そして私がイタリアに憧れを抱くきっかけとなった作品。

初めて読んだ時は高校生。正直つまらないと思った。
映画と辻仁成の「青」は素晴らしく面白かったけど、この「赤」はつまらない。
お風呂と読書とセックスしかしていない、ただ優雅で怠惰な女性の単調な話じゃないかと。

大人になってからはそんなあおいの生活に憧れ、こんな恋を羨ましいと思った。

そして今、今まで苦手だった江國さんに何故かいきなりハマってしまった今。
素晴らしいと思った。
江國さんの他の作品を読んでいると分かる。
江國さんだけの小説だったら、こういう台詞は出てこないと思う言い回しが多々ある。
でも恋愛を始め、人との交流というものは自分では予期出来ない台詞の応酬だ。
これは共作のなせる技だと思う。
それに、それでも江國さん色は失っていないのだ。

来月、念願が叶ってイタリアに行ける。
この本は絶対に持っていこう。

レビュー投稿日
2012年7月18日
読了日
2012年7月18日
本棚登録日
2012年7月18日
5
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『冷静と情熱のあいだ Rosso (角川文...』のレビューをもっとみる

『冷静と情熱のあいだ Rosso (角川文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『冷静と情熱のあいだ Rosso (角川文庫)』にpureさんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする