100万回生きたねこ (講談社の創作絵本)

4.23
  • (1673)
  • (549)
  • (855)
  • (34)
  • (15)
本棚登録 : 6689
レビュー : 1158
著者 :
ouiさん 絵本   読み終わった 

幼い頃親に読んでもらって以来、内容もすっかり忘れていた。
娘の絵本を探しているとき、絵がなつかしくて書店でたまたま手にとって読んでみたら、唖然とするくらいにいい本だった。

同時に、ダメだなあと思った。

涙が出そうなくらい感動したのだけれど、子どもはおそらくこの本を読んで(読んでもらって)、共感はしても感動はしないはずだ。なぜなら子どもは、まだ100万回生きられるはずだから。
逆に、100万回生きられないと完全に諦めている自分がいた。

この絵本は折りにふれて思い出すべき本だと思った。1度しか生まれ死ぬことはできないと信じている大人にとっては、100万回生きることが可能だということを思い出させてくれるし、100万回生きることのできる子どもにとっては、けれども1回だけを生きることに全力を注いでみることのかけがえのなさをそれとなく感じることのできる本だ。

レビュー投稿日
2013年5月6日
読了日
2013年5月6日
本棚登録日
2013年5月6日
10
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『100万回生きたねこ (講談社の創作絵本...』のレビューをもっとみる

『100万回生きたねこ (講談社の創作絵本)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする