うっかりの玉

  • 講談社 (2017年9月12日発売)
4.08
  • (4)
  • (6)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 32
感想 : 7
5

奈良美智が描く女の子を思い出していた。残酷で、優しくて。大人のうっかりが玉になる。ほんとうに秀逸なアイデアだ。大人は自分のうっかりには気がつかないものだが、子供はしっかりとそれが見えている。それが手のひらに乗せられるほどの実在感を持って見えている。本編にただようユーモアには、ひやりとさせられた。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 児童書
感想投稿日 : 2017年11月20日
読了日 : 2017年11月20日
本棚登録日 : 2017年11月20日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする