グランド・フィナーレ (講談社文庫)

2.90
  • (10)
  • (40)
  • (145)
  • (39)
  • (23)
本棚登録 : 698
レビュー : 85
著者 :
ouiさん 小説・詩   読み終わった 

読書が、岩山を登っているような感覚。「漢字」という岩山を。というのも画数の多い漢字が多用されているからだ。また、レトリックが妙に古めかしかったりする。作者が明らかに視覚人間だというのは一目瞭然。また、論理の運びも視覚的。
作者が最近書いた、そのものずばり、『□(しかく)』という本が書店に並んでいたが、きっとこの本も「視覚」にかけてあるはず。
見た目には違うけど、実際発音してみると同じ音、の言葉に対する執着がいくらか強い。

レビュー投稿日
2014年1月6日
読了日
2014年1月6日
本棚登録日
2014年1月5日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『グランド・フィナーレ (講談社文庫)』のレビューをもっとみる

『グランド・フィナーレ (講談社文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする