宇宙に命はあるのか 人類が旅した一千億分の八 (SB新書)

4.30
  • (65)
  • (42)
  • (18)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 723
レビュー : 58
著者 :
ouiさん 科学   読み終わった 

これまで宇宙物理学の理論のほうばかり読んできたけれど、技術開発は「政治」が大いに関わっているぶん、よけいにドラマチックだ。おまけに、筆者の筆致がドラマチックなので、ぐんぐんと読まされてしまう。
本書を読んでいちばんよかったと思うことは二つある。
一つは、地球とは別の、地球に似た星で、生命が誕生していたと仮定した場合、その誕生がわずかでも遅れていた、あるいは進んでいた場合、その差は膨大な時間の経過を経た末に、途方もない差を生み出すだろうとの知見。を知れたこと。
つまりそれが意味するところは、もし生命誕生が遅れた星では、地球よりもだいぶん文明が遅れている(つまりコンタクト不可能)し、誕生が早かった星においては、確実に人類よりも進んだ文明が築かれているだろうこと。
二つめは、生命の定義というのは、そう簡単ではないということ。なんとなく、動物や植物や微生物やに似ている存在であれば生命を持っていると断定できると思っていたけど、生命の定義は、宇宙規模になると、もっと抽象的になるのだな、ということ。
常識を破るには、妄想も時には有効だなと実感。それが結果的に、想像力として評価される。ほんとに必要なのは、「妄想力」

レビュー投稿日
2018年4月14日
読了日
2018年4月14日
本棚登録日
2018年3月20日
2
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『宇宙に命はあるのか 人類が旅した一千億分...』のレビューをもっとみる

『宇宙に命はあるのか 人類が旅した一千億分の八 (SB新書)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする