俗・偽恋愛小説家

著者 :
  • 朝日新聞出版 (2016年8月5日発売)
3.35
  • (11)
  • (21)
  • (46)
  • (8)
  • (2)
本棚登録 : 298
感想 : 36

夢センセは実体験しか書けないのか?!はさておき、今回もおとぎ話の独特な解釈が大変興味深かった。特にカエルの王様。
作中作「月と涙」のトリックは、割とわかりやすいと思う。それこそ「ポメラニアンを連れた老婦人」の時点で。
あと一つ夢センセに言いたい。クリスマスイブの観劇に誘うの遅すぎじゃないですかねっ!ツッキーのスケジュールの確認もしてないようだし、女性には準備とかもあるんですよ!
ところで聡がいつも顔をしかめながらレモンをかじっているのは何か意味があるんでしょうか?何かの伏線かと思ったんですが…

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 森晶麿
感想投稿日 : 2017年4月24日
読了日 : 2017年4月24日
本棚登録日 : 2017年4月24日

みんなの感想をみる

ツイートする