自死という生き方 (双葉新書)

3.63
  • (5)
  • (9)
  • (7)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 132
レビュー : 10
著者 :
quazismさん 哲学   読み終わった 

哲学的事業として自死を自ら実施した著者による本。肯定、否定それぞれ意見があるだうし、正しいか間違っているかなどは意味がない。生きているうちに誰もが読んだ方がいいと思うのだが、知人友人に勧めるには勇気が必要だし、誤解を招く可能性も大きい。

レビュー投稿日
2018年10月14日
読了日
2018年10月14日
本棚登録日
2018年10月13日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『自死という生き方 (双葉新書)』のレビューをもっとみる

『自死という生き方 (双葉新書)』のレビューへのコメント

コメントをする場合は、ログインしてください。

『自死という生き方 (双葉新書)』にquazismさんがつけたタグ

ツイートする