黒い仏 (講談社文庫)

2.97
  • (22)
  • (46)
  • (169)
  • (55)
  • (23)
本棚登録 : 639
レビュー : 95
著者 :
蛆蟲さん ミステリ・推理・探偵本   未設定

京極夏彦氏の『うぶめの夏』は、「アンフェアだ」と云われているが、内容は非常に興味深く、読み物としてきちんと成立している。
それに対してこの『黒い仏』は、駄作としか云いようがない。思いつきで書いたのではなかろうか。文章は兎も角、内容は小学生が書きそうな酷いレベルだ。ミステリとしても読み物としても価値のない物ではないだろうか。
「ガチガチのミステリ・ファンは読むな」等と、この作品を言い訳がましく云う人間も出てくるのだろうが、読み物として読んだとしてもつまらないのだから、そりゃ文句も言われるわ。フェアだろうがアンフェアだろうがどちらでも良い。無料の本ならばこれでも良いが、金を取っているのだからちゃんと書けよ・・・と思ってしまった。
作者は兎も角、編集者はこれをボツにして書き直させるべきだったと思う。
値段を変えて、100円ショップにでも陳列してください。

レビュー投稿日
2004年9月28日
本棚登録日
2004年9月28日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『黒い仏 (講談社文庫)』のレビューをもっとみる

『黒い仏 (講談社文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする