外套・鼻 (1965年) (岩波文庫)

4.50
  • (2)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 12
レビュー : 2
radio24kmさん  未設定  読み終わった 

風刺的というか寓話的というのか、作品の中には社会批判があるとは思うのだけど、死とか身体の変化といったものも含めて、どこかあっかけらんかとした雰囲気を感じる。その雰囲気は読んでいて心地よかった。

レビュー投稿日
2016年5月2日
読了日
2016年5月2日
本棚登録日
2016年5月2日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『外套・鼻 (1965年) (岩波文庫)』のレビューをもっとみる

『外套・鼻 (1965年) (岩波文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする