母 ―オモニ―

著者 :
  • 集英社 (2010年6月4日発売)
3.49
  • (27)
  • (53)
  • (72)
  • (18)
  • (2)
本棚登録 : 496
感想 : 73
2

姜尚中本人と言うよりは、タイトル通りその母の人生が綴られ、その中に姜尚中のルーツや在日の苦悩が垣間見える。作者の著書である心とは異なるアプローチによって自らを模索するような、姜尚中あるいは在日特有の感受性が浮き出ているように感じる。

読んでいてどうしても、孫正義の育ちと混乱してしまうシーンがある。それほど、戦後の在日のおかれた環境が似通ったものだったという事だろう。

国を持たない人たちのある種の強さは、自らの立場が常に揺らぐ中において、同族の人間関係や、お金や教養といったものを普通以上に大切にするからかも知れない。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 未設定
感想投稿日 : 2017年12月17日
読了日 : 2017年12月16日
本棚登録日 : 2017年12月16日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする