言ってはいけない 残酷すぎる真実 (新潮新書)

3.42
  • (131)
  • (314)
  • (372)
  • (104)
  • (34)
本棚登録 : 2995
レビュー : 414
著者 :
rafmon44さん  未設定  読み終わった 

絶望を与えぬように、それと、偏見を受けぬように。しかし、その偏見に繋がる不都合な真実を知り得る事で正しい判断もできるのでは?

訳知り顔で、この不都合な真実を語るのが本著。しかし、アーサー・ジェンセンやチャールズ・マレーのベルカーブを引いて、人種間のIQに遺伝的な差は確かにある!と言い切った所で、それは本当なのか。様々な文献を引き、IQに限らず、心拍数やルックス、遺伝や性行為に至るまで、世間が好まぬ学説を紹介してくれる。それは真実とは言えぬ、好まれざる視点の一つに過ぎないのだが、それを踏まえた上でも、読む価値のある一冊と言えるのではないだろうか。

レビュー投稿日
2017年10月30日
読了日
2018年11月21日
本棚登録日
2017年10月30日
3
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『言ってはいけない 残酷すぎる真実 (新潮...』のレビューをもっとみる

『言ってはいけない 残酷すぎる真実 (新潮新書)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする