犬の消えた日 (幻冬舎文庫 犬 1-2)

3.30
  • (2)
  • (4)
  • (12)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 34
レビュー : 10
著者 :
raiburari11さん 児童書   読み終わった 

戦争中ペットとして飼われていた犬を供出についてかかれたもの。軍用犬のほかに供出されたこの犬たちは毛皮として、軍服の裏地に防寒のために利用されていた。児童書としてかかれたものなので、文体はソフトではあるが、内容はハード。現代のペットとは飼い方も違うとは思うが、悲しい戦争の一場面である。

レビュー投稿日
2013年2月20日
読了日
2013年1月25日
本棚登録日
2013年1月25日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『犬の消えた日 (幻冬舎文庫 犬 1-2)』のレビューをもっとみる

『犬の消えた日 (幻冬舎文庫 犬 1-2)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする