小倉昌男 祈りと経営: ヤマト「宅急便の父」が闘っていたもの

4.04
  • (43)
  • (38)
  • (25)
  • (4)
  • (2)
本棚登録 : 435
レビュー : 63
著者 :
rainygreenさん  未設定  読み終わった 

事前の知識もなく、普通の経営書・評伝だと思い込んで読み始めて、面食らった。

官僚と闘い、宅急便という新たなビジネス、というより生活インフラを日本社会に生み出した男、小倉昌男。
その小倉は、経営の一線から退いた後、福祉事業に莫大な私財と労力を費やしていく。
それはいったい何ゆえであったのか?
著者はそこに好奇心を掻き立てられ、謎に切り込んでいく。
そして、外の者には窺い知れない苦悩に満ちた、小倉家の葛藤と赦しの歴史に行き着く。

その内容にここでは触れないが、最後、著者が小倉の長女、長男と面会して話を聴く件りでは、それまでの歴史とは打って変わった穏やかさに深い感動を憶えた。

レビュー投稿日
2019年1月6日
読了日
2016年10月9日
本棚登録日
2019年1月6日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『小倉昌男 祈りと経営: ヤマト「宅急便の...』のレビューをもっとみる

『小倉昌男 祈りと経営: ヤマト「宅急便の父」が闘っていたもの』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『小倉昌男 祈りと経営: ヤマト「宅急便の父」が闘っていたもの』にrainygreenさんがつけたタグ

ツイートする