ガラス玉演戯 (Fukkan.com)

3.85
  • (21)
  • (6)
  • (27)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 195
レビュー : 16
制作 : 高橋 健二 
rakuenoujiさん  未設定  読み終わった 

ヘッセ好きの私の中でも、ヘッセ作品の中の1、2を争う作品です。
小学校の高学年から、この新潮文庫のヘッセは片っ端から読み始めていきました。この本はヘッセの作品の中でも長編に入ると思うのですが、上下にわかれています。
ヘッセは”魂の救済”について、答えを求めるべく人生の巡礼者のように作品を残してきた人だと思いますが、この作品で彼なりの答え(もしくは、そのヒント)を導き出していると思います。

ちょっと、取っ掛かりの掴みにくい本かもしれませんが、「郷愁」、「デーミアン」「知と愛」「シッダールタ」「荒野の狼」・・・といった作品がお好きな方なら、OKかと思います。
ノーベル文学賞を彼が取ったのは、この作品があったればこそ、という人もいまけれど、我が家的には・・・QUEENが大好きな私の母は、「これって、ブライアン・メイの好きな本なのよ。」という評価だそうです。

レビュー投稿日
2009年10月27日
読了日
2009年10月22日
本棚登録日
2009年10月22日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『ガラス玉演戯 (Fukkan.com)』のレビューをもっとみる

『ガラス玉演戯 (Fukkan.com)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『ガラス玉演戯 (Fukkan.com)』にrakuenoujiさんがつけたタグ

ツイートする