地球の歴史 中 - 生命の登場 (中公新書)

4.38
  • (12)
  • (10)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 113
レビュー : 9
著者 :
rakutaさん  未設定  読み終わった 

中巻は、生命の誕生と進化が中心で、先カンブリア紀から古生代までが扱われる。その中では、地磁気の発生によって、生命にとって有害な太陽風などの高エネルギー粒子の地表への到達が防がれるようになったといった地学的な要素も絡めて記述されるので、目先が変わったり、地球と生命の共進化という新鮮な考え方が示され、飽きることがない。スノーボールアースと呼ばれる全地球凍結の時代や様々な要因による大量絶滅があっても生命がしぶとく生き延びたことなども記述される。地球環境は、ネガティブフィードバックが働いて恒常性が保たれる場合と、ポジティブフィードバックにより変化が亢進する場合があり、一見強固なようで、実は脆弱なものという印象を受けた。

レビュー投稿日
2017年1月22日
読了日
2017年1月22日
本棚登録日
2017年1月22日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『地球の歴史 中 - 生命の登場 (中公新...』のレビューをもっとみる

『地球の歴史 中 - 生命の登場 (中公新書)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする