マリア様がみてる 3 いばらの森 (コバルト文庫)

3.49
  • (103)
  • (84)
  • (375)
  • (6)
  • (2)
本棚登録 : 1122
レビュー : 67
著者 :
制作 : ひびき 玲音 
らめるんさん ■マリみて   読み終わった 

第3巻。白薔薇さまの聖をモデルに書かれたのではないかと思われる「いばらの森」という小説が、リリアン女学園内で話題になる話。
その内容は、少女同士の禁断の恋のお話だった。

真相を探るべく、編集部へと乗り込む由乃ちゃんがもうパワフルw
そして祥子様は、忙しくても本当は祐巳に会いたかったんだよね。直接書いてあるわけじゃないんだけど、伝わってくるのがいいなぁ。

聖と栞の物語は、切なくて悲しい終わり方だったけれど、姉の存在が聖を救ってくれたんじゃないかな?
何事にも囚われない感じの聖が、栞と出会って変わって、別れをのりこえて今のサバサバした性格になったんだなって思った。

レビュー投稿日
2013年5月25日
読了日
-
本棚登録日
2013年5月25日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『マリア様がみてる 3 いばらの森 (コバ...』のレビューをもっとみる

『マリア様がみてる 3 いばらの森 (コバルト文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『マリア様がみてる 3 いばらの森 (コバルト文庫)』にらめるんさんがつけたタグ

ツイートする