マリア様がみてる 4 ロサ・カニーナ (コバルト文庫)

3.36
  • (62)
  • (66)
  • (368)
  • (6)
  • (2)
本棚登録 : 1035
レビュー : 46
著者 :
制作 : ひびき 玲音 
らめるんさん ■マリみて   読み終わった 

第4巻。三学期が始まり、薔薇さま達の卒業が近づく。てっきり薔薇さまの後はつぼみが継ぐのだと思っていたら、「ロサ・カニーナ」と呼ばれる生徒が立候補してきて!?

白薔薇様は中身がタラシというか、イケメンだな。白薔薇に憧れていた蟹名静に、餞別にキスかますあたりとか、何も言わずに由巳を祥子様と会わせるあたりとか。

妹である志摩子との関係は、不思議だけどいいな。お互いがお互いであることを認めていて、それを互いがわかっていればいいみたいな感じなのかな。

祥子様を笑顔にした紅薔薇にしっとしたり、祥子の「きてくれて嬉しかったわ」の一言に舞い上がる由巳が可愛いかった。

レビュー投稿日
2013年5月25日
読了日
-
本棚登録日
2013年5月25日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『マリア様がみてる 4 ロサ・カニーナ (...』のレビューをもっとみる

『マリア様がみてる 4 ロサ・カニーナ (コバルト文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『マリア様がみてる 4 ロサ・カニーナ (コバルト文庫)』にらめるんさんがつけたタグ

ツイートする