また、同じ夢を見ていた

著者 :
  • 双葉社 (2016年2月17日発売)
3.90
  • (585)
  • (729)
  • (504)
  • (117)
  • (17)
本棚登録 : 7463
感想 : 706
2

「また、同じ夢を見ていた。あの夢を見ると、いつも思う。自分に訊かれているみたい。あなたは今、幸せなのかって。」
可愛いお話でした。
ストーリー展開は、特段驚きがあるわけではなく、「うんうん、そうだよね」って感じで進んでいく。
主人公が自分のこと、ずっと賢い賢いって、言っているのがずっと鼻についてなかなか共感できなかった。
“幸せ”とは、ということについて主人公が物語の中で一貫として考えているので名言みたいなフレーズが多くて楽しかった。
でも、主人公のキャラがあんまりわかんなかった気がする。何考えてるのかなー?って感じ。「ごきげんよう」とかを挨拶で使ったり、自分の正義感振りかざして喋ってたらそりゃ、クラスから浮いちゃうよねとは思った。主人公が最後男の子といい感じで終わるけれど、なんで主人公が彼に惹かれたのかがあんまり分からないなぁ。
その彼も主人公が「味方だよ」って言ってくれたことで、じゃ、一緒に学校行こうって言って、いじめられずに学校行き続けられるメンタルがすごい。主人公や彼に冷たくあたってたいじめっ子みたいなやつは、その後どうなったんでしょうか。彼のパパがどうして万引きしちゃったのか、とかも詳しく描かれそうで描かれないのがモヤモヤする。
主人公が不登校になりかけた子を助ける→仲良くなる→結婚っていうのは、ねぇ、なんかその過程が見えないから余計ご都合主義に思えます。中学生くらいにいいと思う。
最後、「あれ?これ、恋愛小説だったのー、かわいー」みたいな感じで終わってて物足りなかった。
「人生はプリンと一緒だ。人生には苦いところがあるかもしれない。でも、その器には甘い幸せがいっぱい詰まってる。人は、その部分を味わうために生きてるんだ。」
私の考える幸せとは、薔薇の下で。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 未設定
感想投稿日 : 2024年5月26日
読了日 : 2024年5月26日
本棚登録日 : 2024年5月26日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする