コピーフェイス: 消された私 (新潮文庫)

3.22
  • (1)
  • (2)
  • (15)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 56
レビュー : 13
raraminさん ロマンス   読み終わった 

飛行機の墜落事故後、上院議員候補の妻と取り違えられ整形手術を施されてしまったテレビリポーターの主人公。
命を狙われている夫を守る為、別人になりすまして犯人探し。

主人公がリポーター魂と入院中に芽生えた彼への愛により、真実を告げずに別人になりすました行為については、その後、バレた時や本物の死者のことを思うとモヤモヤしたし、犯人探しもろくに進まず当選日付近まで危機感が感じられなくて残念。
まぁ主人公がなりすましていなければ彼の命は救えず犯人も炙り出せなかっただろうけど、結局、巻き込まれなければ無関係だった人が亡くなっているので後味が悪い。
あと親友だった人の動機がよくわからず……あんな壇上で注目が集まる中犯行に及べば確実に捕まるし、なぜ。
まぁ読み返して確認するほどでもないかな。

1990年。

レビュー投稿日
2020年5月29日
読了日
2020年5月29日
本棚登録日
2020年5月29日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『コピーフェイス: 消された私 (新潮文庫...』のレビューをもっとみる

『コピーフェイス: 消された私 (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする