ネットがつながらなかったので仕方なく本を1000冊読んで考えた そしたら意外に役立った (ノンフィクション単行本)

3.34
  • (43)
  • (162)
  • (216)
  • (52)
  • (14)
本棚登録 : 1572
レビュー : 210
著者 :
raulreaderさん ノンフィクション   読み終わった 

ホリエモンが刑務所にいた期間の中で、情報に遮断された状況を打開すべく本を読むことを決めた結果考えたこと、そして何より面白い本を紹介してくれます。

やはり改めて実感するのは、堀江さんの「おもしろそうなこと」に対する欲が半端じゃないこと。そしてそのアンテナの感度もすごい。
「世の中ってこんなにおもしろそうなことがたくさんあるんだよ」って言われてる気がしてきます。

何よりここで紹介されてる本は本当に面白そうに思えてくるので、実際読んでみたいと思いました。
巻末の対談も興味深いです。書評の難しさについても語られていて、頷けます。

レビュー投稿日
2013年10月23日
読了日
2013年10月23日
本棚登録日
2013年9月15日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『ネットがつながらなかったので仕方なく本を...』のレビューをもっとみる

『ネットがつながらなかったので仕方なく本を1000冊読んで考えた そしたら意外に役立った (ノンフィクション単行本)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『ネットがつながらなかったので仕方なく本を1000冊読んで考えた そしたら意外に役立った (ノンフィクション単行本)』にraulreaderさんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする