星の子

3.26
  • (45)
  • (187)
  • (276)
  • (76)
  • (22)
本棚登録 : 1836
レビュー : 282
著者 :
まっきーさん 刺さる作品・抜けないトゲ   読み終わった 

『あひる』からネガティブな感情をもらったので、この本の予約もとても迷いました。手にして読んでみるとあっさりしている。文中で出てくる、とあるものの「見えた」「見えない」の(一見すると無意味のような)繰り返しに一人でイライラして、一体何を言いたいのか訴えたいのか、わからなくてネタバレや他の方の感想を見て、初めて“なるほど……”っと思いました。

今まで当たり前だと思っていたこと、学校とかから教え込まれた価値観がねじれるような感じ…がする。白黒つけにくい事柄、ふだん目をつむって見ないようにしている物事などをテーマに持ってくるので、とても感想を書きにくくて…淡々としているから読みやすいんだけど、とてもしんどいと思う。

私は、つい雄三おじさんになって読んでしまったけど、宗教にのめり込んでいる両親にもなれるし、家出した姉にもなれる。南先生の反応は悲しかったけど、そういう自分も、きちんと私の中に存在している。見守ってくれる友人のなべちゃんになることも出来る。生きているこの世界で、色々なものに縛られているけど、心はもっと自由でありたいと思うし、のびのびしたい…と願う。

あとからじわじわ…としみてくるというか、目に見えない細かい棘が刺さっているようで、気持ちが落ち着かない。この作家さんの本を読むといつもこうなるから困る。あと不思議なんだけど、自分が子供だった頃、昭和50年代にスッと戻る気がして、懐かしいような胸が苦しくなるような…そんな気分になる。ほんと不思議だと思う。

レビュー投稿日
2017年8月17日
読了日
2017年8月16日
本棚登録日
2017年8月17日
7
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『星の子』のレビューをもっとみる

『星の子』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『星の子』にまっきーさんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする