竜が最後に帰る場所

3.63
  • (64)
  • (156)
  • (152)
  • (23)
  • (4)
本棚登録 : 924
レビュー : 177
著者 :
制作 : くまおり 純 
まっきーさん  未設定  読み終わった 

表紙…どうよ?今までと雰囲気が…違う。

だが、内容は好きなタイプで一日で読破。軽くて読みやすい。
『風を放つ』はイマイチ。『迷走のオルネラ』現実的なストーリーで珍しい…と思ったが、途中から奇妙な方向へ反れっていった。
『夜行の冬』は完全なる恒川ワールド全開。こういう話を書かせるとピカイチで、私はこういう恒川さんが好き。だが尻すぼみに失速感、ラストをもうすぐ捻ってほしかった。
『鸚鵡幻想曲』これが一番好きです。「偽装集合体」「解放」…少し恋愛も入っていて、楽しめた。
『ゴロンド』進化の記憶、前世の記憶、太古の記憶、私たちの中にもこの記憶があるから、懐かしく思う。

前作よりずっと楽しめた。

レビュー投稿日
2011年6月8日
読了日
2011年6月9日
本棚登録日
2011年6月8日
2
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『竜が最後に帰る場所』のレビューをもっとみる

『竜が最後に帰る場所』のレビューへのコメント

九月猫さん (2014年6月22日)

まっき~♪ちゃん、こんにちは!
今日、図書館に行ってきたよー。
で、予約本が来てなかったから「恒川さんの本を借りよう!」とウキウキ「つ」の棚へ♪

「夜市」・・・まだ返却されていませんでした(T_T)

せっかくなので、この本ともう一冊「雷の終わりの季節に」というのを借りてみました。
一冊目はまきちゃんにおススメで聞いた「夜市」が読みたかったんだけど、まきちゃんの本棚に来てみたら、この本も評価高し!なので、楽しみ~(*´ω`*)
いつもいろいろと教えてくれて、本当にありがとうね☆

まっきーさん (2014年6月22日)

九月猫ちゃん

こんにちは。
おぉー、恒川さん借りてきましたか!「夜市」は貸し出し中で残念でしたね。

「雷の終わりの季節に」もいいですよ~♪
ほんとおススメです(o^∀^)

私はね…先日借りた、恒川さんの「金色機械」途中で挫折して
読み切れずに返してしまいました(ノДT)

九月猫さん (2014年7月1日)

まっき~♪ちゃん、こんにちは☆
読み終わったよ~!
ので、あらためて、まきちゃんのレビューを読みにこさせてもらいました。
私も「鸚鵡幻想曲」が一番好き♪
偽装集合と解放だけでも一話になりそうなのに、さらに展開するのでビックリしちゃった!

一緒に借りてきた「雷の季節の・・・」も読み始めました。
まだ冒頭40頁くらいだけど「穏」が、なんだか貴志さんの「新世界より」の里みたいだなぁ、なんて思いながら読んでます。

気になっていた恒川さんを読むきっかけをありがとう~(*´ω`*)
「夜市」もさすがに返却されているだろうから、近いうちにリベンジするっ☆

まっきーさん (2014年7月1日)

九月猫ちゃんへ

こんにちは。
おぉ~!読み終えましたか!(は、早い!)

「鸚鵡幻想曲」面白かったの記憶に残ってます。
「夜行の冬」も鳥肌立ったけど、今はもうどういう最後だったのか…
ぼんやりとしか覚えていません。
九月猫ちゃんと話したら、また再読してみようかな~と思っちゃいました。

「雷の季節~」はしっかりした世界観で描かれているから
じわじわと来ますよ♪確かに「新世界より」の里の雰囲気に似ているかも。

「夜市」や「草祭」「秋の牢獄」もなかなかいいですよ~(o^∇^o)
恒川さんハズレなしですよ。(私は2冊途中で挫折したことがありますが・汗)

恒川さん大好きです♪恒川ワールド楽しんでね(o^∀^)

九月猫さん (2014年7月2日)

それがねー、雑用に追われ、眼精疲労に苛まれ・・・で、お話はおもしろいのに
集中できなくて時間かかっちゃったのよー(^^;)
(現在も続いて同じ状態で「雷の季節・・・」が進まない~っ!)

まきちゃんも「夜行」に加わりたいと思ったんだね。(こちらにお返事まとめるね)
怖いけれど、次の町の新しい生活って魅力的だなぁって思っちゃうよね。
現実には「次の町」に行けないから、いろんな人生を覗いたり味わったりできる
読書という行為が好きなのかもしれない・・・なーんて。

「夜市」の他にもおススメありがとう♪
「秋の牢獄」はかなり気になっていたので、ぜひ読みます!

恒川ワールドに招いてくれて、ありがとう~♪

まっきーさん (2014年7月3日)

九月猫ちゃん。

そっかー。忙しさと眼精疲労大変ですね…。
「雷の~」は何気にページ数多いから、他の作品よりも時間かかった記憶があります。

眼精疲労やドライアイつらいよね(ノДT)
読書ますます進まなくなりますよね。目お大事になさってください。


>現実には「次の町」に行けないから、いろんな人生を覗いたり味わったりできる
読書という行為が好きなのかもしれない・・・なーんて。
いやいや、本当に九月猫ちゃんの言うとおりだと思います!
物語の中で旅をしたり疑似体験出来たりするので、読書って本当に癒し入ってるな~と思います♪

私もね、九月猫ちゃんの本棚から刺激をただいているので、いつもありがとうね~って思ってますよ(o^∀^)

コメントをする場合は、ログインしてください。

『竜が最後に帰る場所』にまっきーさんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする