残るは食欲 (新潮文庫)

3.64
  • (40)
  • (86)
  • (97)
  • (12)
  • (1)
本棚登録 : 880
レビュー : 103
著者 :
まっきーさん エッセイ・紀行文   読み終わった 

新潮文庫の100冊の一冊。表紙がおいしそうでつい購入してしまいましたが、考えてみると阿川さんの本は初めてでした。立ち読みの時点で読みやすかったのですが、毎日少しずつ読むのが楽しくっていい気分転換になりました。

スランプになったり天才か!って思ったり、失敗したり一回作ると同じものは二度と作れない…とか、共感する部分が多くて、ひとりで笑う(不気味…)ことがしょっちゅうでした。

様々な食関係の由来がサラッと書かれていて、「オー、御御御付け」なんかは、郷里の祖母を思い出して懐かしい気分になりました。根が食いしん坊なので読んでいるとお腹が減ってきて、私もゆでたジャガイモでギュイーーン料理作ろう!と思ったのでした。面白かった。


2017年積本消化27冊目。

レビュー投稿日
2017年7月21日
読了日
2017年7月20日
本棚登録日
2017年7月19日
9
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『残るは食欲 (新潮文庫)』のレビューをもっとみる

『残るは食欲 (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『残るは食欲 (新潮文庫)』にまっきーさんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする