舟を編む

4.16
  • (3875)
  • (3999)
  • (1697)
  • (243)
  • (33)
本棚登録 : 24945
レビュー : 4024
著者 :
まっきーさん 生き方・おしごと小説   読み終わった 

CLASSYに掲載されていたんですね。
なるほど。少し違和感。

「ノーザン・ブラック」にいた岸辺さんの突然の登場は
「CLASSY」に由来していたのかな。


最初はなんで「舟を編む」なんだろうと
謎だったのですが、その説明を目にしたら
感動してしまい泣けてきました。

「大渡海」を完成させるために費やした日々。
静かだけど熱い想い、仲間と絆に感動しました。

「上る」と「登る」の説明とかも分かりやすくって
「死語」もあるから、言葉って本当に生き物
と同じなんだな~と。

=はじめに言葉ありき=という言葉も
あるから、言葉は人間だけに与えられた大切なもの
なんだよね、と何度も感動した。

ただ途中から駆け足過ぎて、ちょっと勿体ない
気がした。
(風が強く吹いている並の厚さがほしかった)
(CLASSYに連載だから仕方がないよね)
あと映画もDVD借りて見たいなぁ~と思った。

最後は泣いたのはもちろんだけど西岡チャラ男の
シーンでも不覚にも泣けた。
西岡一番好きかもしれない。
まじめくんが香具矢さんを「俺の配偶者です」って、
「俺」という言葉にちょっと衝撃を感じた∑(゚Д゚)

そして辞書がとても愛おしくなりますね♪
PC検索だけでなく、たまには辞書を引こうかな!

レビュー投稿日
2014年2月1日
読了日
2014年2月1日
本棚登録日
2014年1月26日
9
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『舟を編む』のレビューをもっとみる

『舟を編む』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『舟を編む』にまっきーさんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする