銀河鉄道の夜 (280円文庫)

3.85
  • (47)
  • (58)
  • (46)
  • (10)
  • (2)
本棚登録 : 695
レビュー : 62
著者 :
まっきーさん スタンダード・温故知新   読み終わった 

銀河鉄道の夜/ 雪渡り/ 雨ニモマケズ /解説 長野まゆみ

薄くて読みやすい。。。
知人、友人から宮澤賢治をおススメされることが多くて、読んでみても、良さがさっぱり理解できず、青空文庫で短いお話をチビチビ読んでいた。良さがわかるようになってきたのが最近だったりする。

不思議なことに読んでいると、とても懐かしくって涙が出てくる。生まれ育ったふるさとに帰りたくなる。
転轍機、停車場とかその雰囲気が懐かしくて、故郷の風景と共に祖父母の言葉を思い出す。過去や思い出じゃなくって、記憶の中、原風景の中に入っていくような感じがこういう気持ちにさせるのかもしれない。

2018年積読本消化26冊目

レビュー投稿日
2018年5月29日
読了日
2018年5月29日
本棚登録日
2018年5月29日
8
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『銀河鉄道の夜 (280円文庫)』のレビューをもっとみる

『銀河鉄道の夜 (280円文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『銀河鉄道の夜 (280円文庫)』にまっきーさんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする