"葵" ヒカルが地球にいたころ……(1) (ファミ通文庫)

4.00
  • (73)
  • (114)
  • (63)
  • (5)
  • (0)
本棚登録 : 746
レビュー : 86
著者 :
制作 : 竹岡 美穂 
rd-mid-nightさん ライトノベル   読み終わった 

野村美月さんの作品は文学少女から読んでます。文学少女のような暗い雰囲気なのかと構えてたらそうでもなく、ライトノベルに近い作品に仕上がっていました。
作品を読んだ感想としては、心理描写がうまかったと思います、この人の文章はなれるのに少し時間がかかるものの、心理の動きがとても繊細に描かれており、慣れたらスラスラ読める文体です。後半になるほどすーっと頭に入っていき、やがて、頭の中でリピート再生される、そんな感じです。
文学少女とは打って変わって王道ものの青春ストーリーでしたが、キャラどうしのコメディがなかなか楽しめました。ただ、主人公のヤンキー面という個性を活かしきれてない様な気がして少し残念でした。
源氏物語が元ネタなのですが、原作を読んでいればもっと楽しめたかもしれません。ヒカルの心情が未だに理解に苦しむ…
あとがきで書いてたもうひとつのネタ本ってもしや某囲碁漫画ではないのかなww

レビュー投稿日
2011年6月21日
読了日
2011年6月21日
本棚登録日
2011年6月21日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『"葵" ヒカルが地球...』のレビューをもっとみる

『"葵" ヒカルが地球にいたころ……(1) (ファミ通文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『"葵" ヒカルが地球にいたころ……(1) (ファミ通文庫)』にrd-mid-nightさんがつけたタグ

ツイートする